今だから考えたい 「ごみ」ってナニモノ!?

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1014500  更新日 令和5年7月4日

印刷 大きな文字で印刷

廃棄物の種類

ごみの排出元によって同じ品目でも、運搬者や処分先、処理責任の主体が変わります。

一般廃棄物

一般廃棄物とは、産業廃棄物以外のすべてのごみを指します。(処理責任は市町村にあります。)

産業廃棄物

産業廃棄物とは、事業活動によって発生したごみを指し、種類や特定の事業活動に廃棄物処理法で指定されているごみです。(処理責任は事業者にあります。)

生活系ごみと事業系ごみ

上記の「一般廃棄物」の中でも種類が分かれます。

  • 生活系ごみ
    私たちが日常生活をするうえで生じるごみを指し、収集運搬と処理は市町村が負うこととなっています。
     
  • 事業系ごみ
    産業廃棄物との区分けが難しいですが、事業活動の中でも産業廃棄物以外のごみを指し、収集運搬は事業者、処理は市町村が負うこととなっています。

以上のことから、市がごみステーションから収集しているごみは「生活系ごみ」であり、「事業系ごみ」は各事業者が直接搬入するか、一般廃棄物運搬許可業者に委託して運搬することが法律で定められています。

一般廃棄物の種類
一般廃棄物には、私たちが生活するうえで生じる生活系ごみと、
事業活動の中でも産業廃棄物以外の事業系ごみに分類されます。

混ぜれば「ごみ」、分ければ「資源」

指定袋で出された可燃ごみは、焼却施設においてすべて焼却処分されます。
過去にさかのぼると、「不要となったものすべて=ごみ」というのが一般的な考え方でしたが、現在では「不要となったものから、工夫次第で価値を見いだすことができる」、という考えが強くなってきました。
不要となったものからあらゆる方法を用いて「資源=価値を見いだせるもの」を取り除いたものが「ごみ」となります。

燃えるごみの中から資源物を減らすには?
紙類を減らすには、古紙類(新聞や雑誌)、雑がみの分別
ビニール類を減らすには、ペットボトル、発泡トレーの分別徹底

リサイクル(3R スリーアール)

3R(スリーアール)とは

  • Reduce(リデュース)
    不要となるものを買わない、もらわない、つくらない、減らすこと。
  • Reuse(リユース)
    不要となったものをそのままもしくは修理などして必要な人が再使用すること。
  • Recycle(リサイクル)
    不要となったものに手を加え、原材料やエネルギー源として再生利用すること。

以上の3つの頭文字をとって3R(スリーアール)といいます。

リサイクルってお金になるの?

誤解されている方が多いかもしれませんが、リサイクル=お金がもらえるとは限りません。
リサイクルする品目にもよりいますが、
運搬費用+選別、中間処理費用>製品(原料)の売却金額であれば、市がお金を払う(支出)
運搬費用+選別、中間処理費用<製品(原料)の売却金額であれば、市がお金を貰う(収入)

リサイクルは資源の有効活用(社会的責任)限りある予算(経済的責任)のバランスを考え、市民の皆さんに分別などのお願いをしています。

このページに関するお問い合わせ

市民生活部 協働環境課 環境センター
〒413-0033 熱海市熱海字笹尻1804-8
電話:0557-82-1153 ファクス:0557-82-5371
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。