石割工程がわかる石材

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1009597  更新日 令和3年1月15日

印刷 大きな文字で印刷

 

標高330m付近で18×15m程の大きな採石坑跡の中に、幅2mを超える石が多数確認される。
6号と7号、8号と9号の石材は矢穴の位置や割面の凹凸の観察から、元は一つの石だったと考えられる。
特に9号石材は石割想定図のように石を割ろうとしたことが想像できる。
5・6・7号石材にある刻印は大坂城の加賀前田家が担当した石垣や、金沢城の採石場跡でも確認されるが、前田家が多賀で採石した記録はない。また4号石材には多数の刻印が確認される。

 

 

石割工程がわかる石材群の測量図
測量図
石割工程を想像した図
石割工程想定図
所在地
史跡内の位置

このページに関するお問い合わせ

教育委員会 生涯学習課 文化交流室(文化交流担当)
〒413-8550 熱海市中央町1-1
電話:0557-86-6234 ファクス:0557-86-6606
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。