国民健康保険税

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1000660  更新日 平成29年3月23日

印刷 大きな文字で印刷

国民健康保険税をおさめましょう

国民健康保険税は、みなさんの医療費にあてられる国保の貴重な財源です。万が一の病気やけがに備え、国民健康保険税は必ず納期内に納めましょう。

関連情報

国民健康保険税を納めないでいると

  • 納期限を過ぎると督促が行われます。納めていただくまでの期間によっては、延滞金などを徴収される場合があります。
  • それでも、納めないでいると、通常の保険証の代わりに有効期間の短い短期被保険者証が交付されます。
  • 「資格証明書」を交付することになります。

災害などの特別な事情がないまま国民健康保険税を滞納して1年が経過したときには「保険証」を返還していただき、「資格証明書」が交付されます。
この資格証明書が交付されると、病院にかかるときに、いったん医療費の全額を支払わなければなりません。
後日、保険給付相当額の払い戻しを申請することができますが、国民健康保険税の納付状況によっては支給を差し止め、未納分国民健康保険税を控除することになる場合もあります。

このページに関するお問い合わせ

市民生活部 市民生活課 保険年金室(国保)
〒413-8550 熱海市中央町1-1
電話:0557-86-6258 ファクス:0557-86-6277
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。