り災証明書などの発行について

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1011405  更新日 令和3年8月23日

印刷 大きな文字で印刷

令和3年7月の大雨により被災された方々に、生活再建支援のための「り災証明書」「被災証明書」「被災届出証明書」について、令和3年7月26日(月曜日)から申請受付・発行を開始しております。
令和3年8月31日まで、福祉センター3階の特設窓口を開設しております。

なお、令和3年8月16日に設定した災害対策基本法第63条第1項に基づく警戒区域内にご自宅が指定された人については、り災証明書の備考欄にその旨が記載されるようになりました。
既にり災証明書を発行済みの人も、再発行が可能ですので、担当職員までお申し付けください。

証明書の種類について

り災証明書

証明する対象
住家(居住のために使用している家屋)の被害程度
使用目的
税金の控除や減免、各種支援金の請求など
市職員による現地調査
必要
申請できる人
被災当時に対象家屋に居住していた人
※世帯ごとに証明書を発行するため、同居していても世帯が別の人の「り災証明書」を請求する場合は、委任状が必要です。
申請受付から発行までにかかる期間
数日から数週間

被災証明書

証明する対象
所有している物件の被害程度
使用目的
税金の控除や減免など
市職員による現地調査
必要
申請できる人
被災当時に対象家屋を所有していた人
申請受付から発行までにかかる期間
数日から数週間

被災届出証明書

証明する対象
家屋以外の家財・動産(家具・家電など)、塀・門などの工作物の被害
現地調査
不要(申請者が被害写真をお持ちの場合はご用意ください。)
申請できる人
被災当時に対象家財・動産・工作物などを所有していた人
申請受付から発行までにかかる期間
数日程度

申請の受付・発行について

受付時間

平日
午前9時から午後4時まで
土曜日
午前9時から正午まで

※日曜・祝日はお休みさせていただきます。

受付・発行場所

熱海市役所 総合福祉センター 3階大広間
(9月1日以降は、市役所第1庁舎 1階 税務課課税室 資産税担当(なお、受付時間は平日8時30分から午後5時15分になります。))

必要な持ち物

  • 本人確認書類(運転免許証・マイナンバーカードなど)
  • 委任状(本人以外が手続する場合)
  • 被害の様子がわかる写真(お持ちの場合のみ)

郵送での申請について

遠方に避難している人や、遠方に在住の家屋所有者の人は、郵送で各種証明書を申請することも可能です。
下記添付ファイルの申請書を記入し、本人確認書類のコピーと、返信用封筒を同封の上、熱海市役所「り災証明発行担当」まで郵送してください。

保険金請求時の「り災証明書」について

損害保険の保険金などの請求に際しては、「り災証明書」が不要となります。(都道府県民共済を除きます。)
詳しくは、下記の関連情報をご覧いただくか、各保険会社へ直接お問い合わせください。

PDF形式のファイルをご利用になるには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

このページに関するお問い合わせ

市民生活部 税務課 課税室(資産税担当)
〒413-8550 熱海市中央町1-1
電話:0557-86-6149 ファクス:0557-86-6173
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。